明るい部屋:映画についての覚書

日々の映画鑑賞と研究の記録、最新DVD情報などなど。ときどき書評めいたことも。





























このサイトはPC用に最適化されています。スマホでご覧の場合は、記事の末尾から下にメニューが表示されます。


---
評価の目安:

★★★★(大傑作、あるいは古典)
★★★(傑作、あるいは必見)
★★(見たほうがいい)
★(興味深い)

(基本的に、興味のない映画はここでは取り上げません。なので、ここで話題にしている時点で、それなりに見る価値はある作品であるといえます。)

2006-05-27から1日間の記事一覧

新作DVD:『映画は恐ろしい アントニオ・マルゲリーティ篇 DVD-BOX』ほか

DVD

■『魔女』 ベンヤミン・クリステンセン 監督による奇妙きてれつな魔女の歴史。ドキュメンタリーとホラーを融合した幻の傑作です。 ■『映画は恐ろしい アントニオ・マルゲリーティ篇 DVD-BOX』 黒沢清が選ぶ『ホラー映画ベスト・オブ・ベスト DVD-BOX』(『生…

映画新刊本案内〜『映画旅日記パリー東京』〜

『映画旅日記パリー東京』(梅本洋一) 映画狂は東京のスクリーンを離れ、パリへと飛び出した。まだ無名だった黒沢清・青山真治を連れ出し、欧米の観客を驚天動地に突き落とすべく、体を張っていくつもの上映会を仕掛けた。映画への愛と怒りとが迸るドキュメ…

雪の西部劇〜アンドレ・ド・トス『無法の拳銃』〜

アンドレ・ド・トス『無法の拳銃』Day of the Outlaw ★★★☆これは、最近テレビで見た映画のなかでいちばん感銘を受けたものですね。アンドレ・ド・トス作品では、ホームページ「西部劇ベスト50」で紹介した『スプリングフィールド銃』もよかったが、これのほ…