明るい部屋:映画についての覚書

日々の映画鑑賞と研究の記録、最新DVD情報などなど。ときどき書評めいたことも。




























このサイトはPC用に最適化されています。スマホでご覧の場合は、記事の末尾から下にメニューが表示されます。

---

評価の目安:

★★★★(大傑作、あるいは古典)
★★★(傑作、あるいは必見)
★★(見たほうがいい)
★(興味深い)

(基本的に、興味のない映画はここでは取り上げません。なので、ここで話題にしている時点で、それなりに見る価値はある作品であるといえます。)

溝口健二DVD化、始動


今日は、藤田敏八の『修羅雪姫』のことを書こうと思っていたのだが、書けば書くほどまとまらなくなったので、後回しにすることにした。釈由美子版『修羅雪姫』でも見て、気分を変えてもう一度トライしてみよう。


というわけで、芸がないが、DVDの紹介でもしてお茶を濁しておくことにする。

どうやら溝口健二のDVD化が始動し始めたらしいのだ。

黒澤明はもちろん、小津安二郎成瀬巳喜男もDVDになっているのに、溝口だけはこれまでほとんどDVD化されていなかった。せいぜい『愛怨峡』がひっそりとでているくらいだ。わたしの知り合いには、日本で出てないので、『楊貴妃』の韓国版DVDなんてのを買って持っていたりする強者もいる(その人は他にもサミュエル・フラーの『四十挺の拳銃』のドイツ語吹き替え版DVDなんてのも持ってたりするのだが)。

しかし、溝口健二もとうとうDVD化されるときが来たようだ。わたしがつかんでいる情報では、今のところ『武蔵野夫人』と『西鶴一代女』だけだが、今後も続々と発売されてゆくに違いない。『血と霊』のDVDなんてのがでればすごいんだが、それは無理というものか?

武蔵野夫人