明るい部屋:映画についての覚書

日々の映画鑑賞と研究の記録、最新DVD情報などなど。ときどき書評めいたことも。






























このサイトはPC用に最適化されています。スマホでご覧の場合は、記事の末尾から下にメニューが表示されます。

---

評価の目安:

★★★★(大傑作、あるいは古典)
★★★(傑作、あるいは必見)
★★(見たほうがいい)
★(興味深い)

(基本的に、興味のない映画はここでは取り上げません。なので、ここで話題にしている時点で、それなりに見る価値はある作品であるといえます。)

公開情報〜イーライ・ロス『ホステル』


『キャビン・フィーバー』イーライ・ロスの新作『ホステル』が今秋公開される模様。アメリカの大学生が旅先のヨーロッパで体験する出来事を描いた映画らしいが、ホラーなのかどうかは不明。『キャビン・フィーバー』も正確にはホラーと呼んでいいのか迷ってしまうような作品だったから、今度もそういう映画になっているのかもしれない。タランティーノに激賞され、阿部和重中原昌也も絶賛した『キャビン・フィーバー』だが、わたしにはいまひとつぴんとこなかった。とりあえず、『ホステル』を見るまでは保留ということにしておく。