明るい部屋:映画についての覚書

日々の映画鑑賞と研究の記録、最新DVD情報などなど。ときどき書評めいたことも。




























このサイトはPC用に最適化されています。スマホでご覧の場合は、記事の末尾から下にメニューが表示されます。

---

評価の目安:

★★★★(大傑作、あるいは古典)
★★★(傑作、あるいは必見)
★★(見たほうがいい)
★(興味深い)

(基本的に、興味のない映画はここでは取り上げません。なので、ここで話題にしている時点で、それなりに見る価値はある作品であるといえます。)

新作DVD〜巨匠たちのハリウッド 生誕百周年 漂泊の反逆児 ニコラス・レイ傑作選 DVD-BOX 』『ジャック・ロジェ DVD-BOX』ほか

ウィリアム・ワイラー『黒蘭の女』

ジョージ・キューカー『ロミオとジュリエット』

中年のレスリー・ハワードとノーマ・シアラーロミオとジュリエットを演じたキューカー作品。DVD で見てるんだけど、あんまり記憶に残ってない。


ミッチェル・ライゼン『黄金の耳飾り』

レイ・ミランドのジプシー役がいかにもミスキャストな印象のどちらかというとミッチェル・ライゼンの失敗作ですね。


ジョセフ・フォン・スタンバーグ『スペイン狂想曲』

『巨匠たちのハリウッド 生誕百周年 漂泊の反逆児 ニコラス・レイ傑作選 DVD-BOX』



今度はニコラス・レイの BOX が登場。内容は、『危険な場所で』『女の秘密』『生まれながらの悪女』の3作品。


アイダ・ルピノが盲目の女性役でロバート・ライアンと共演した『危険な場所で』はフィルム・ノワールの傑作です。


『巨匠たちのハリウッド 生誕百周年 ハリウッドの反逆児 ジュールス・ダッシン傑作選 DVD-BOX 』



こちらはジュールス・ダッシン BOX. 内容は、
『幽霊は臆病者』『再会のパリ』の2本の模様。えらくマイナーななところから攻めてきましたね。2本とも見てない。


アーヴィン・ショーテス・イヤワース・Jr『マックイーンの絶対の危機 デジタル・リマスター版』


「危機」と書いて「ピンチ」と読む。テレビで最初に見たときは「SF人喰いアメーバの恐怖」というタイトルだった(こっちのほうがいいんじゃない)。リメイク版の『ブロブ/宇宙からの不明物体』ではアメーバの造形がずっと精巧になっており、アクションも秀逸で、このオリジナルは乗り越えられてしまった感があるが、これはこれで50年代SFの魅力がたっぷり詰まっていて捨てがたい。


フィリップ・カウフマン『存在の耐えられない軽さ』


ラオール・ウォルシュ『不死身の保安官』


ジャン=ピエール・メルヴィル『リスボン特急』


クロード・ミレール『小さな泥棒(HDリマスター版)』

クロード・シャブロル コレクション

『最後の賭け』『甘い罠』


悪の華』だけなぜかまだ DVD になってないようだけど (Amazon 情報)、これも時間の問題だろう。いずれも、晩年のシャブロルの底力を見せつけた犯罪劇です。


マリオ・バーヴァ『血みどろの入江 -HDリマスター版-』


アモス・ギタイ『撤退』


2005年、イスラエル入植者のガザ地区からの撤退に着想を得た作品。ジュリエット・ビノッシュ演じる母親のイスラエルに住む娘を捜す旅を通して、イスラエル=パレスチナの混沌とした状況を描く。


ジャック・ドワヨン『ラ・ピラート ジェーン・バーキン』


このときのドワヨンはホントすごかったね。シネスコなんで劇場で見たいところだけれど、そんな機会を待ってたらいつになることか。これは以前出ていた DVD をたんにリイシューしただけなのか? まあいいけど。


クリント・イーストウッド『ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット』(2枚組)


アピチャポン・ウィラセタクン『ブンミおじさんの森 スペシャル・エディション』


グザヴィエ・ボーヴォワ『神々と男たち』


『ジャック・ロジェ DVD-BOX』


オルエットの方へ』『メーヌ・オセアン』と短編のみ収録される模様。フランスで発売された DVD-BOX には、『アデュー・フィリピーヌ』と『Les naufragés de l'île de la tortue』も収録されている。


マキノ雅弘『次郎長三国志 第一集』『次郎長三国志 第二集』


『東陽一 BOX2』


鈴木清順『日活100周年邦画クラシック GREAT20 野獣の青春 HDリマスター版』『日活100周年邦画クラシック GREAT20 殺しの烙印 HDリマスター版』


藤田敏八『日活100周年邦画クラシック GREAT20 八月の濡れた砂 HDリマスター版』


是枝裕和『奇跡』


熊切和嘉『海炭市叙景 Blu-ray BOX』