明るい部屋:映画についての覚書

日々の映画鑑賞と研究の記録、最新DVD情報などなど。ときどき書評めいたことも。































このサイトはPC用に最適化されています。スマホでご覧の場合は、記事の末尾から下にメニューが表示されます。


---
評価の目安:

★★★★(大傑作、あるいは古典)
★★★(傑作、あるいは必見)
★★(見たほうがいい)
★(興味深い)

(基本的に、興味のない映画はここでは取り上げません。なので、ここで話題にしている時点で、それなりに見る価値はある作品であるといえます。)

新作DVD〜『六つの心』ほか


調べたら他にもいろいろあったので、いくつか追加しておく。

エドワード・L・カーン『暗闇の悪魔 大頭人の襲来』


牛 vs 宇宙人の戦いが伝説になっているカルトSF映画。しかしその場面は DVD ではカットされているらしい。エドワード・L・カーンは、ジョン・ヒューストンが脚本を書いた(ヒューストンの最初の映画の仕事といっていい)西部劇『聖ジョンソン』をはじめ、スリラー映画やホラー映画などでも多くの佳作を残している。再評価が待たれる監督の1人だ。


フィリップ・カウフマン『ツイステッド』


未見。


アラン・レネ『六つの心』


日本ではあんまり公開されてこなかったけれど、アラン・レネはずっとコンスタントに水準の高い映画を撮り続けている。これもその一つ。ただ、わたしはどれものめり込むほど好きにはなれないのだが……。


セシル・B・デミル『カルメン《IVC BEST SELECTION》』


このデミル版『カルメン』でヒロインを演じるジェラルディン・ファーラーは、ケヴィン・ブラウンローが『The Parade's Gone By...』でまるまる一章を割いているほど重要な女優なのだが、なぜか日本ではあまり知られていない。


アレクサンドル・ソクーロフ『ボヴァリー夫人』『牡牛座 レーニンの肖像』




『牡牛座』は、『モレク神』でヒットラーを描いたソクーロフが、レーニンの晩年を描いた作品。つづく『太陽』では昭和天皇を描き、3部作となって完結するかと思われたが、新作『ファウスト』がそれに続く第4作となることが明らかとなり、〈歴史4部作〉の形をなすことになった。

ジョゼフ・ロージー『エヴァの匂い』


ヴィットリオ・デ・シーカ『悲しみの青春』


たかがデ・シーカじゃないかと思って見はじめると、不覚にも泣かされる映画。


マイケル・パウエル『赤い靴 デジタルリマスター・エディション』 Blu-ray


[半世紀以上前の作品でありながら奇跡的に保管されていたテクニカラーの三色分解カメラネガを、4Kの高精細サイズで全編デジタル化し、1フレームごとに色ズレ調整やシミ、傷、亀裂などの問題を解決。最後に全編を再びフィルムに戻し、オリジナル・プリントと比較し最終の念入りな調整を施したことで、半世紀以上前に普及したダイ・トランスファー・プリントしか持ちえない特徴を、現代カラー映画の最高品質で蘇らせた。2年半の歳月をかけて完成した同エディションは、2009年カンヌ国際映画祭で世界初上映され話題となった] (Amazon から引用)

ウェイン・ワン『ここよりどこかで』


未見。


『巨匠たちのハリウッド 光の魔術師 ジョセフ・フォン・スタンバーグ傑作選 DVD-BOX』


『ブロンド・ヴィナス』『恋のページェント』『上海ジェスチャー』を収録。


イジー・メンツェル『スイート・スイート・ビレッジ』


シルヴァン・ショメ『イリュージョニスト』 [Blu-ray]


ジャック・タチが残した幻の脚本を『ベルヴィル・ランデブー』で一躍脚光を浴びたシルヴァン・ショメが映画化した作品。


『ピラニア3D コンプリート・エディション <2枚組>』 [Blu-ray]


評判よかったんだけど、何となく見逃してしまった。たまたまうちのテレビは 3D 対応なんで、ブルーレイが出たら見てみようか。


レオス・カラックス『ポンヌフの恋人 <HDリマスター版>』


新作『Holy Motors』の撮影も快調なカラックス。さて、これはカラックスの BOX に入ってたもののばら売りだと思うんだけど、これだけ<HDリマスター版>ってなってるのは、『汚れた血』と『ボーイ・ミーツ・ガール』は HD じゃないってことなのか。


セミフ・カプランオール『「卵」「ミルク」「蜂蜜」』


トルコ映画界を代表する映画作家、セミフ・カプランオール監督によるユスフ3部作。これも未見。


ミケランジェロ・アントニオーニ『太陽はひとりぼっち』 [Blu-Ray]


途中まではそれほどではないんだけど、ほとんど無人のショットだけで撮られたラストの10分ほどがたまらなく好きだ。モニカ・ビッティの住まいの窓外の風景にそびえる不思議な建物とか見てると、アントニオーニがSFを撮っていたらどんなものになってただろうと想像してしまう。DVD版もあり。


澤井信一郎『早春物語 デジタル・リマスター版』『恋人たちの時刻 デジタル・リマスター版』



神代辰巳『地獄』


曾根中生『らしゃめんお万 彼岸花は散った』『性愛占星術SEX味くらべ』


長らく失踪中だった曾根中生が忽然と姿を現したタイミングを見計らったというわけでもなかろうが、かれのロマンポルノが2本初ソフト化する。


田中登『実録 阿部定』『(秘)女郎責め地獄』





2012年1月7日発売<新春爛漫!時代エロス>
(1)『らしゃめんお万 彼岸花は散った』(サリー・メイ)
(2)『実録 阿部定』(宮下順子)
(3)『色暦大奥秘話 刺青百人競べ』(小川節子)
(4)『(秘)女郎責め地獄』(中川梨絵)
(5)『昭和エロチカ 薔薇の貴婦人』(宮井えりな)

ロマンポルノ 2011年7月2日発売 <ロマンコメディセレクション>
(1)『いたずらロリータ後ろからバージン』
(2)『はみ出しスクール水着』
(3)『桃色身体検査』
(4)『宇能鴻一郎の姉妹理容室』
(5)『性愛占星術SEX味くらべ』