明るい部屋:映画についての覚書

日々の映画鑑賞と研究の記録、最新DVD情報などなど。ときどき書評めいたことも。










このサイトはPC用に最適化されています。スマホでご覧の場合は、記事の末尾から下にメニューが表示されます。

---
評価の目安:

★★★★(大傑作、あるいは古典)
★★★(傑作、あるいは必見)
★★(見たほうがいい)
★(興味深い)

(基本的に、興味のない映画はここでは取り上げません。なので、ここで話題にしている時点で、それなりに見る価値はある作品であるといえます。)

マラン・カルミッツ『ここではない場所で七日間』ほか

今週末に迫った神戸映画資料館の講座の準備で、いよいよ余裕がなくなってきた。

コメントを書いている時間もないので、とりあえず最近見て印象に残ったタイトルだけを並べておく。



ベルナルド・ベルトルッチ『暗殺のオペラ』(Strategia del ragno, 1970) ★★★½

マックス・オフュルス『ウェルテルの書』(Le roman de Werther, 1938) ★★★

マラン・カルミッツ『ここではない場所で七日間』(Septs jours ailleurs) ★★½

マックス・オフュルス『優しい敵』(La tendre ennemie, 1936) ★★ ½

クロード・シャブロルほか『ファントマ』(Fantômas, 1980) ★★

エレイン・メイ『ふたり自身』(The Heartbreak Kid, 1972) ★★

レオ・マッケリー『罪じゃないわよ』(The Belle of the Nineties, 1932) ★★

マックス・オフュルス『笑う相続人』(<未> Lachende erben, 1933) ★½

マックス・オフュルス『恋する撮影所』(<未> Die verliebte Firma, 1932) ★