明るい部屋:映画についての覚書

日々の映画鑑賞と研究の記録、最新DVD情報などなど。ときどき書評めいたことも。




























このサイトはPC用に最適化されています。スマホでご覧の場合は、記事の末尾から下にメニューが表示されます。

---

評価の目安:

★★★★(大傑作、あるいは古典)
★★★(傑作、あるいは必見)
★★(見たほうがいい)
★(興味深い)

(基本的に、興味のない映画はここでは取り上げません。なので、ここで話題にしている時点で、それなりに見る価値はある作品であるといえます。)

ラウール・ルイスDVD-BOX


日本ではなかなか見ることができないラウール・ルイス作品だが、フランスで DVD-BOX が発売された。収録作品は、『水夫の3クラウン』『盗まれた絵の仮説』『宙に浮いた召命』の三作。いずれもルイスの初期の代表作だが、とくに『盗まれた絵の仮説』は決定的に重要な作品と言っていいかもしれない。わたしが見ていないのは『宙に浮いた召命』だけなので、買うかどうかは迷うところだ(『盗まれた絵の仮説』はビデオを持っているし)。クリムトを描いた新作も公開される気配がないし、この
DVD も日本では出そうにないね。

Coffret Raoul Ruiz 2 DVD : Les Trois couronnes du matelot / L'Hyeothese du tableau vole / La Vocation suspendue