明るい部屋:映画についての覚書

日々の映画鑑賞と研究の記録、最新DVD情報などなど。ときどき書評めいたことも。





























このサイトはPC用に最適化されています。スマホでご覧の場合は、記事の末尾から下にメニューが表示されます。


---
評価の目安:

★★★★(大傑作、あるいは古典)
★★★(傑作、あるいは必見)
★★(見たほうがいい)
★(興味深い)

(基本的に、興味のない映画はここでは取り上げません。なので、ここで話題にしている時点で、それなりに見る価値はある作品であるといえます。)

新作DVD——『墓地への侵入者』、『家族の灯り』 [Blu-ray]、『光りの墓/世紀の光』 Blu-ray ほか

クレランス・ブラウン『世界の推理小説傑作映画 墓地への侵入者』 [DVD]、ロバート・シオドマク『世界の推理小説傑作映画 クリスマスの休暇』 [DVD]


「世界の推理小説傑作映画」などというパッケージにまとめられてしまったが、クレランス・ブラウンの『墓地への侵入者』(Intruder in the Dust) は、フォークナー原作の南部を舞台として黒人もの。傑作です。シオドマクの『クリスマスの休暇』については、以前ここに書いた。


『ハリウッド西部劇映画傑作シリーズ DVD-BOX Vol.19』


「硝煙のダコタ」「決闘カリブ街道」「地獄の狼」「立ち向かう男」「ローン・ハンド孤高の男」を収録。


バッド・ベティカー『決斗ウェストバウンド』 [DVD]


バッド・ベティカー=ランドルフ・スコットの傑作西部のひとつ。たしかゴダールの『勝手にしやがれ』では、この映画を上映している映画館が暗闇に浮かび上がるシーンがあったはず。


リチャード・ブルックス『最後の銃撃』 [DVD]


「二流の作家でありながらも、この監督にはものほしげなところがない。それが、ドーリ・シャリー制作のこの西部劇の無視しがたい余剰価値ともなっている」(蓮實重彦)


クリント・イーストウッド『ハドソン川の奇跡』 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]、『ハドソン川の奇跡』 <4K ULTRA HD&2Dブルーレイセット>(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]


『マルセル・パニョル/マルセイユ三部作』 [DVD]


>

ギオルギ・シェンゲラヤ『放浪の画家 ピロスマニ』 Blu-ray、『放浪の画家 ピロスマニ』 HDマスター [DVD]


ゲオルギー・ダネリヤ『不思議惑星キン・ザ・ザ』≪デジタル・リマスター版≫ [Blu-ray]、『不思議惑星キン・ザ・ザ』≪デジタル・リマスター版≫ [DVD]

ヴィム・ヴェンダース『ミリオンダラー・ホテル』 HDマスター版 Blu-ray&DVD BOX、『ミリオンダラー・ホテル』 Blu-ray、『ミリオンダラー・ホテル』 HDマスター版 [DVD]

マノエル・デ・オリヴェイラ『コロンブス 永遠の海』 Blu-ray、『コロンブス 永遠の海』 [DVD]



『家族の灯り』 [Blu-ray]、『家族の灯り』 [DVD]


アピチャッポン・ウィーラセタクン『光りの墓/世紀の光』 Blu-ray、『世紀の光』 [DVD]、
『光りの墓』 [DVD]


松田優作『遊戯シリーズBlu-ray BOX』(初回生産限定)