明るい部屋:映画についての覚書

日々の映画鑑賞と研究の記録、最新DVD情報などなど。ときどき書評めいたことも。






























このサイトはPC用に最適化されています。スマホでご覧の場合は、記事の末尾から下にメニューが表示されます。

---

評価の目安:

★★★★(大傑作、あるいは古典)
★★★(傑作、あるいは必見)
★★(見たほうがいい)
★(興味深い)

(基本的に、興味のない映画はここでは取り上げません。なので、ここで話題にしている時点で、それなりに見る価値はある作品であるといえます。)

新作DVD〜ロジャー・コーマン『侵入者』、『ヴェルナー・ヘルツォーク作品集I』ほか

ロジャー・コーマン『侵入者』


ロジャー・コーマンの『侵入者』が DVD 化! 人種差別を背景に、扇動者が、自分で煽った暴動の渦にどうしようもなく巻き込まれてゆく姿を描く、コーマン作品の中ではウルトラ・シリアスな一本。彼の数ある傑作の中でも最高傑作の一つではなかろうか。


『巨匠たちのハリウッド エリア・カザン傑作選 DVD-BOX1』

『暗黒の恐怖』『ピンキー』『大平原』

野村孝『日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 拳銃は俺のパスポート』 HDリマスター版


クライテリオンから出ている DVD を持ってるから気づかなかったけど、日本で DVD 化されるのは初めてですかね。日本製ハードボイルド映画の傑作。


マキノ雅弘『日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 鴛鴦歌合戦』
HDリマスター版

ケン・ローチ『リフラフ』


イタール・イオセリアーニ『汽車はふたたび故郷へ』


タル・ベーラ『ニーチェの馬』


『月世界旅行+メリエスの素晴らしき映画魔術』 Blu-ray


世界で絶賛されたカラー修復版。


ルドルフ・マテ『ハリウッド西部劇映画傑作シリーズ 烙印』

ラオール・ウォルシュ『暗黒の命令』


この機会にカントレル・ゲリラってのを覚えておきましょう。


セシル・B・デミル『征服されざる人々』


バッド・ベティカー『シマロン・キッド』


アンソニー・マン『流血の谷』


アンソニー・マン作品で外れに当たることはほとんどない。これも数あるマンの西部劇の傑作の一つ。インディアンを好意的に描いた最初の一本として、『折れた矢』とともに記憶されるべき作品でもある。


ヴェルナー・ヘルツォーク作品集I』